欧州株:続伸、堅調基調引き継ぐ-NY連銀製造業指数を好感

16日の欧州株式相場は続伸。ストッ クス欧州600指数は週ベースで、ここ2年余りで最長の上げ局面を継続 した。この日発表されたニューヨーク連銀管轄地区の製造業景況指数が 予想を上回ったことが買い材料。

スウェーデンの銀行SEBは8.2%高。四半期利益がアナリスト予 想を上回った。警備サービス最大手の英G4Sは8.7%の値下がり。ロ ンドン五輪向けに十分な人数の警備員を確保できなかったことで、5000 万ポンド(約61億6000万円)の損失を計上する可能性があるという。

ストックス欧州600指数は前週末比0.2%高の256.73で終了。前週末 までに6週連続高となっており、6月4日に付けた年初来安値か ら9.8%戻している。欧州中央銀行(ECB)や中国中銀による利下げ のほか、ユーロ圏首脳らがスペインの銀行向け緊急融資の返済ルールを 緩和したことなどが背景。

クレディ・スイス・アセット・マネジメントのシニアアドバイザ ー、ロバート・パーカー氏はブルームバーグテレビジョンのインタビュ ーで、「8月や9月に入れば、特に欧州北部や米国で、マクロ経済のデ ータが若干上向きになる可能性がかなりある」と指摘。「投資家はこれ まで投資を非常に控えていた。決算シーズンは1カ月続くが、期待があ まりに低かったため、下振れリスクは低い」と説明した。

欧州主要企業の決算発表は、オランダの半導体製造装置メーカー、 ASMLホールディングを皮切りに18日始まる。

この日の西欧市場では、18カ国中11カ国で主要株価指数が上昇し た。ニューヨーク連銀が同日発表した7月の同地区の製造業景況指数 は7.4に上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想 の中央値は4だった。前月は2.3。同指数ではゼロが景況の拡大と縮小 の境目を示す。

原題:Europe Stocks Rise, Extending Rally Into Seventh Week; SEB Gains(抜粋)