コンテンツにスキップする

LIBOR操作は中銀指導と理解-バークレイズ前COO証言

英銀バークレイズのジェリー・デル ミシエ前最高執行責任者(COO)は、ロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)を人為的に低く報告するようにとの指示を前最高経営責 任者(CEO)、ロバート・ダイアモンド氏から受けたと述べ、イング ランド銀行(英中央銀行)の指導を受けた上での指示だと理解していた ことを明らかにした。

デルミシエ氏は16日、英下院・財務特別委員会での証言で、「イン グランド銀行(英中央銀行)からの指導であったことを考慮すれば、不 適切には思えなかった」とし、「政府主導の中での出来事だ」と述べ た。

ダイアモンド氏が今月4日の証言で述べたところによると、バーク レイズの投資銀行部門の共同責任者であったデルミシエ氏は、ダイアモ ンド氏と英中銀のタッカー副総裁(当時は市場担当ディレクター)との 電話でのやり取りを誤解し、2008年にトレーダーに金利を低めに報告す るよう指示した。

デルミシエ氏はこれに対し、ダイアモンド氏から指示を受けたと理 解し、法務上の助言を求めることなくその指示をマネー・マーケット責 任者に伝えたと説明。ただ、ダイアモンド氏に対して詳細の確認はしな かったという。

イングランド銀行のタッカー副総裁は9日に行われた議会証言で、 金融危機時にバークレイズなど英国の商業銀行に対しLIBORを故意 に低めに報告することを指導するよう、どの閣僚や政府当局者からも圧 力を受けていないと述べた。

原題:Del Missier Says Diamond Told Him to Lower Libor Submissions (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE