IMF:英経済成長予測を下方修正、財政健全化への決意評価

国際通貨基金(IMF)は英国の成 長率見通しを下方修正した。キャメロン首相の財政赤字削減プログラム を堅持する判断については支持を表明した。

IMFは16日に世界経済見通しの改定を発表。この中で、英国の国 内総生産(GDP)伸び率を今年0.2%、2013年は1.4%との見通しを示 した。4月時点では0.8%と2%だった。

IMFは、「景気循環調整ベースの赤字は今年、来年と減少を続け るが、減少幅は前年を下回る見込みだ。これは弱い景気見通しに一致し ている」と指摘。「英政府が構造的な経常収支を5年以内に均衡化させ るとともに、純債務削減の軌道に乗せ、さらには2015-17年に追加再建 策を準備する決意を堅持しているのは適切だ」と評価した。

原題:IMF Backs Cameron Fiscal Plans as It Cuts U.K. Growth Forecasts(抜粋)