IMF:米財政見通しに「著しい懸念」、緩やかな支出削減を

国際通貨基金(IMF)は、自動的 な歳出削減が迫る米国の財政見通しに「著しい懸念」を表明。景気を支 えるため、支出をもっと緩やかに削減するよう呼び掛けた。

IMFは16日公表した財政状況に関する半年に一度の報告書「財政 モニター」で、減税の失効と2011年に成立した財政管理法で義務付けら れた自動的な歳出削減は、米国内総生産(GDP)の4%余りに相当す る緊縮財政になると説明。

「財政政策が自動化され、赤字が急激かつ突然に減少する『財政の 崖』をもたらす政治的な行き詰まりリスクが米国にある」と分析した。

米議会では共和党が、財政政策を引き締めようとする動きの中で増 税を排除しようと試みている。税制優遇策の打ち切りが国庫にもたらす 収入を、財政赤字削減よりも税率引き下げに充てるべきだと主張してい る。

IMFは米国と日本に対し、単に増税するよりも税控除や根拠のな い特別措置を打ち切ることで財源の拡大に努めるべきだと論じた。

報告書はまた、先進国の財政赤字が対GDP比で今年は約0.75%、 来年は1%減少するとの見通しを示し、「これは財政の持続性回復と成 長支援の間の妥協的な水準だ」と指摘。その上で、「名目上の財政赤字 目標に注力し続けることは、成長が弱まった場合に過剰な財政引き締め を強制するリスクを冒す」と警告した。

報告によると、先進国の財政赤字はGDP比で今年5.8%、2013年 は4.7%が見込まれている。4月の報告では、5.7%と4.5%だった。ス ぺインについては今年が7%、来年が5.9%としている(4月時点の予 想はそれぞれ6%と5.7%)。

原題:IMF Cautions U.S. on 2013 Outlook as Fiscal Cliff Risk Rises(抜粋)