インド:6月のインフレ率、予想外に鈍化も5カ月連続7%超

インドの6月のインフレ率は予想外 に前月から鈍化したものの、5カ月連続で7%を上回った。物価圧力に より、中国や欧州などと足並みをそろえて金融刺激の動きに出る余地が 限られる可能性を示唆している。

商工省が16日発表した6月の卸売物価指数(WPI)は前年同月 比7.25%上昇。ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト36人を対象に まとめた調査の中央値では7.61%上昇が見込まれていた。5月は7.55% の上昇だった。

イエス銀行のチーフエコノミスト、シュブハダ・ラオ氏(ムンバイ 在勤)は統計発表前に、「現在の焦点はおしなべて、非常にしつこいこ とが判明しつつあるインフレだ」と指摘。「インド準備銀行(中央銀 行)は当面、利下げを実施しないだろう」と述べた。

原題:India Inflation Unexpectedly Eases While Staying BRIC’s Fastest(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.