仏プジョー債、デフォルト確率51%示唆-CDS市場

16日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場で、フランスの自動車メーカー、プジョーシトロ エングループ(PSA)の社債保証コストが過去最高に達した。ブルー ムバーグのデータによれば、保証の期間内に同社の社債がデフォルト (債務不履行)となる確率51%が示された。同社は大規模な人員削減と 工場閉鎖を計画している。

ロンドン時間午後1時現在、プジョーのCDSスプレッドは50ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の800bpと、過去最高を 記録した。3月の時点の2倍に上昇し、5年以内にデフォルトに陥る確 率は51%であることを示唆している。プジョーの広報担当者からのコメ ントは得られていない。

CDSスプレッド1bpは、5年間の債務1000万ユーロに対する年 間保証料1000ユーロを意味する。

原題:Peugeot Has 51% Chance of Default, Credit-Default Swaps Show (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE