スペインの銀行支援計画は2028年まで継続の公算-独誌

欧州連合(EU)によるスペインの 銀行の支援プログラムは2028年まで続く可能性がある、と独誌シュピー ゲルが報じた。暫定的な救済基金である欧州金融安定ファシリティー (EFSF)の未公表の提案を引用している。

同誌によると、EFSFの計画では最大1000億ユーロの融資は来年 6月までに4回に分けて実行、11月にバッドバンクが創設され、融資の 一部で最大250億ユーロの資本が注入される。

原題:Spain’s Bank Aid Program May Run Until 2028, Spiegel Says (抜粋)