PIMCOグロース氏:米成長、今後10年は1.5%にとどまる

米パシフィック・インベストメン ト・ファンド(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用するビ ル・グロース氏は、米国経済の実質成長率について、少なくとも今後10 年間は年1.5%程度にとどまると予想する。

グロース氏は11日の電話インタビューで、米国経済はかつてのよう な労働生産性の向上を繰り返すことが難しい状況の中、労働力人口の伸 び鈍化と返済能力を超える与信、地政学上もしくは環境面で衝撃的な出 来事が起きる可能性から、成長は限られるとの見通しを明らかにした。

「低めの成長率は投下資本に対するリターン(投資収益率)の低下 を意味する」とし、「GDP(国内総生産)成長率が1.5%であれば、 株と債券に分散したポートフォリオも同様に恐らく1.5%の伸びとなろ う」と同氏は語った。

原題:Pimco’s Gross Forecasts U.S. Growth at 1.5% Over Next Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE