NY金:4日ぶり上昇、中国による一段の景気刺激策を期待

ニューヨーク金先物相場は4日ぶり に上昇。中国の成長減速を受けて政策当局が追加刺激措置を講じるとの 観測が強まった。世界最大の金消費国インドで金需要が拡大したことも 買い材料になった。

中国の2012年4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)伸び 率は6四半期連続で鈍化し、世界的な金融危機以降で最も低い伸びとど まった。年後半の景気回復に向け、温家宝首相に刺激策拡充を求める圧 力が高まった。UBSによると、11日のインドの金現物需要は今月に入 って最高だった。業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC) によれば、インドは昨年、世界最大の金消費国だった。

アトヤント・キャピタル・マネジメントの運用担当者、プラティ ク・シャーマ氏は電話インタビューで、「中国が成長てこ入れ策を発表 するとの見方が広がっている」と指摘。さらに「現在の価格水準では割 安感から買いを入れる動きも一部にみられる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比1.7%高の1オンス=1592ドルで終了した。週間では0.8% 値上り。

原題:Gold Advances for First Time in Four Days on China Stimulus Bets(抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova、Nicholas Larkin、Joe Richter.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE