7月13日の欧州マーケットサマリー:伊10年債続落、格下げで

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.2235   1.2203
ドル/円             79.21    79.31
ユーロ/円           96.91    96.80


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  256.26     +3.37    +1.3%
英FT100     5,666.13   +57.88    +1.0%
独DAX      6,557.10   +137.75   +2.1%
仏CAC40    3,180.81   +45.63    +1.5%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .04%        -.01
独国債10年物     1.26%       +.01
英国債10年物     1.55%       +.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,595.50    +39.25   +2.46%
原油 北海ブレント        103.01     +1.94    +1.92%

◎欧州株:上昇、追加刺激策を期待-イタリア国債入札も好感

13日の欧州株式相場は上昇。中国経済が4-6月(第2四半期)に 3年ぶりの低成長となったことから追加刺激策の観測が高まった。イタ リアの国債入札で借り入れコストが前回入札から低下したことも手掛か りとなった。株価は週間ベースでは6週連続高となった。

ノルウェーの保険会社、ストアブランドは8.2%上昇。増資せずに 自己資本比率の条件を達成できることを明らかにした。スイスのソフト ウエアメーカー、テメノス・グループは5.9%上げた。フランスの自動 車メーカー、プジョーシトロエングループ(PSA)は少なくとも1989 年以来の安値まで売り込まれた。同社が発表した工場閉鎖と人員削減の 計画に対し、フランス政府が介入するとの懸念が浮上した。

ストックス欧州600指数は前日比1.3%高の256.26で終了。前週末比 では0.7%上げた。6週連続高は2010年4月以降で最長の上昇局面。

TTNのヘッジファンド・マネジャー、トルンティン・グエン氏 (チューリヒ在勤)は「中国経済の減速は既に織り込み済みで、意外で はなかった。遠からず追加刺激策の発表があるとみられている」とし、 「スペインやイタリアなども含め、欧州での国債入札が肯定的に捉えら れているようだ」と付け加えた。

13日の西欧市場では、アイスランドを除く17カ国で主要株価指数が 上昇した。

原題:European Stocks Rise on China Stimulus Bets, Italy Bond Auction(抜粋)

◎欧州債:イタリア10年債続落、格下げで-独債利回り過去最低

13日の欧州債市場でイタリア10年債が続落し、利回りは6% を突破した。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービ スが同国の格付けを2段階引き下げ、格付け見通しを「ネガティブ (弱含み)」に据え置いたためだ。

イタリアがこの日実施した2015年償還債の入札では目標上限 の35億ユーロを発行、借り入れコストは低下した。これを受け、 2年債は一時の下げから上昇に転じた。比較的安全とされる資産を 求める動きから、オーストリアとベルギー、フランス、ドイツの2 年債利回りはいずれも過去最低を記録。オランダ2年債利回りは初 めてゼロを下回った。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニッ ク・スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「格下げでイタリ ア国債が売りを浴びた」と述べ、「海外投資家にイタリア国債の売 却を迫る圧力は高まるだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時35分現在、イタリア10年債利回りは 前日比15ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の

6.06%。一時は6.08%まで上げた。同国債(表面利率5.5%、 2022年9月償還)価格は1.065下げ96.45。

ムーディーズはイタリアの景気見通しの悪化を理由に挙げ、国 債格付けを「A3」から「Baa2」に2段階引き下げた。

一方、イタリア2年債利回りは19bp下げ3.62%。一時は 28bp上昇した。3年債入札で平均落札利回りは4.65%と、6月 14日の前回入札時の5.3%を下回った。応札倍率は1.73倍。前 回入札では1.59倍だった。イタリア政府は2019年、22年、23 年に満期を迎える国債も発行した。

ドイツ2年債利回りは前日比1bp低下しマイナス0.05%。 ブルームバーグがデータ集計を開始した1990年以降の最低となる マイナス0.052%まで下げる場面もあった。5年債利回りは2bp 下げ0.285%と、過去最低を付けた。

英国債

英国債相場は今週上昇し、週間ベースで2週連続高となった。 ムーディーズのイタリア格下げのほか、中国経済が4-6月(第2 四半期)に6四半期連続で鈍化したことが材料視された。

英10年債利回りは1.54%と、前日からほぼ変わらず。前週 末比では5bp下げた。同国債(表面利率4%、2022年3月償還) 価格は121.965。12日には1.505%まで下げ、先月1日以来の 低水準を付けた。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS) がまとめた指数によると、英国債の年初来リターンは3.6%となっ ている。

原題:Italy’s Bonds Fall on Downgrade as German Yields Drop to Records(抜粋) Pound Rises to Strongest Since 2008 Versus Euro on U.K. Outlook (抜粋)