米生産者物価指数:6月は前月比0.1%上昇、食品の値上がりで

米労働省が発表した6月の生産者物 価指数(PPI)は4カ月ぶりに前月比でプラスとなった。食品価格の 上昇が影響した。

6月のPPI全完成品は前月比0.1%上昇した。前月は1%の低下 だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央 値は0.4%低下だった。食品とエネルギーを除いたコア指数は前月 比0.2%の上昇だった。

大和証券キャピタル・マーケッツアメリカのマイケル・モラン氏 (ニューヨーク在勤)は、「今の時点ではインフレはまったく懸念して いない」と述べ、「商品価格にある程度の下落がみられ、世界的に経済 成長が鈍化している。このことは今後数カ月間の物価上昇は抑制される ことを示唆している」と続けた。

項目別に見ると食品が前月比で0.5%上昇した。特に食肉価格の上 昇が目立った。一方、エネルギー価格は0.9%低下、家庭用電力が2.1% と最大の落ち込みを記録した。

前年比で見ると6月のPPI全完成品は0.7%の上昇にとどまっ た。伸び率は前月と並び、2009年11月に始まった上昇局面で最低。コア 指数は2.6%上昇と、2011年6月以来の低い伸びだった。

ください。

原題:Wholesale Prices in U.S. Rise for First Time in Four Months (2)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.