米ウェルズ・ファーゴ:4-6月期17%増益、住宅ローン好調

住宅金融で米最大手のウェルズ・フ ァーゴの4-6月(第2四半期)決算は前年同期比17%の増益だった。 住宅ローン金融が好調だったほか、経費削減も寄与した。

13日の発表資料によると、純利益は46億2000万ドル(約3662億円、 1株当たり82セント)と過去最高。前年同期は39億5000万ドル(同70セ ント)だった。

収入は4%増の213億ドル。前四半期比では1.6%落ち込んだ。純金 利マージンは第1四半期から変わらず3.91%だった。

発表資料によると、第2四半期の貸倒引当金のうち4億ドルが戻さ れたことも決算に寄与した。税引き・貸倒引当前の利益は前年比で12% 増、前四半期比では約3%増となった。

原題:Wells Fargo Second-Quarter Profit Climbs on Mortgage Banking (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE