台湾エイサー、PC出荷見通し下方修正-景気減速は想定以上

世界3位のパソコン(PC)メーカ ー、台湾の宏碁(エイサー)は、今年のPC出荷台数の伸びを従来予想 の半分以下に引き下げた。世界の景気減速に加え、米マイクロソフトの 新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ8」に対して慎重な見方が広がっ ていることが背景だ。

同社の投資家向け情報提供(IR)部門のケビン・ルー氏は13日の 電話取材に対し、今年のPC出荷台数は前年比変わらずから5%増にな るとの見通しを示した。従来は10%増を見込んでいた。

同氏によると、エイサーが2月に予想を示したときよりも世界経済 が想定以上に悪化する中、販売店はウィンドウズ8搭載PCの在庫積み 上げにより慎重になっているという。

原題:Acer Cuts PC Shipment Forecast on Global Economy, Windows 8 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE