スペイン銀のECB借り入れ、6月に過去最高-厳しさ続く

スペインの銀行の欧州中央銀行( ECB)からの借り入れは6月に急増し、過去最高の3370億ユーロ (約32兆6000億円、純ベース)に達した。同国の銀行支援で欧州諸国が 合意しても市場調達アクセスの改善につながっていないことが示され た。

スペイン銀行(中央銀行)が13日ウェブサイトに掲載したデータに よると、純ベースの平均借入額は前月の2880億ユーロから増えた。総額 ベースでは3650億ユーロ(5月は3250億ユーロ)で、ユーロ圏全体の ECB借り入れの30%を占めた。

同国政府は6月9日、銀行救済のため最大1000億ユーロの支援を欧 州に求めた。スペインの銀行は、5年目に入った不動産市況の低迷で不 良債権を抱えて苦しんでいる。市中銀行や地方政府が起債市場へのアク セス確保で苦戦する中、中央政府は国内銀行による国債購入への依存度 を高めている。

原題:Spanish Banks’ Net ECB Loans Leap to Record 337 Billion Euros(抜粋)