中国株(終了):小高い-成長鈍化で下落銘柄が上昇を上回る

中国株式相場は小幅高。4-6月 (第2四半期)の中国GDP(国内総生産)が3年ぶりの低い伸びとな る中、騰落銘柄数では下落が上昇を上回った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比0.40ポイント高の2185.90で終了。騰落銘柄比率 は上昇2に対して下落が5。週間騰落率はマイナス1.7%と、4週連続 で値下がりした。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は 前日比0.1%高の2450.63で引けた。

13日発表された中国の4-6月期GDPは前年同期比7.6%増と、 ブルームバーグ調査で見込まれていた7.7%増を下回った。6月の工業 生産と小売売上高も共に伸びが鈍化した。

上海明河投資管理の張翎ゼネラルマネジャーは「GDPの数字は良 くなかったかもしれないが、景気の弱さを示す材料のほとんどは株価に 織り込まれた」と指摘。「利下げを含めた当局のさまざまな緩和策が反 映され、株式相場のパフォーマンスは7-12月(下期)に改善するだろ う」と述べた。

中国最大の石炭メーカー、中国神華能源(601088 CH)は0.8%安。 サンフォード・C・バーンスティーンは2012、13両年の一般炭価格の見 通しを引き下げた。自動車メーカーの上海汽車集団(SAICモータ ー、600104 CH)や中国東方航空(600115 CH)も安い。

一方、招商銀行(600036 CH)や中国民生銀行(600016 CH)を中心 に金融関連株は上昇。6月の新規融資が予想を上回ったことが好感され た。

原題:Most Chinese Stocks Decline as 2Q Economic Growth Decelerates(抜粋)

--取材協力:Belinda Cao.