ガイトナー氏、NY連銀総裁当時にLIBOR改革を提案

ガイトナー米財務長官はニューヨー ク連銀総裁だった2008年に、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の 算出方法の改善をイングランド銀行(英中央銀行)に提案していた。

ガイトナー氏はキング英中銀総裁に6項目の提案を記載した文書を 送付した。その提案の1つに、「偶発的または故意の誤った報告の防止 を目的とする手続きなど、LIBORの算出と報告に関する最良の慣行 を確立・公表すること」とあった。ブルームバーグ・ニュースがメモを 入手した。

ニューヨーク連銀は13日、米下院金融委員会小委員会のランディ・ ノーガバウアー委員長(共和、テキサス州)の要請に応じて文書を公開 する予定。同委員長は今週、ニューヨーク連銀のダドリー総裁に宛てた 書簡で、同連銀と英銀バークレイズが07年8月-09年11月に交わした LIBOR設定に関するやり取りの記録を公表するよう求めた。

ガイトナー氏の提案にはこのほか、米市場向けのLIBORを設定 し、設定に参加する銀行を増やすことなどが含まれていた。

原題:Geithner Proposed Libor Changes in 2008 Memo to Bank of England(抜粋)

--取材協力:Chris Wellisz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE