中国:6月の住宅販売額、前月比41%増-金融緩和が寄与

中国の6月の住宅販売は金額ベース で前月比41%増加した。当局の金融緩和で購買心理が改善したことを反 映している。

中国国家統計局が発表した1-6月(上期)累計データから1-5 月分を差し引くと、6月の住宅販売額は5313億元(約6兆6100億円)。 その時点で今年の最高水準だった5月の3757億元を上回った。同データ によれば、上期の販売額は前年同期比6.5%減の1兆9000億元だった。

国家統計局が13日の会見で発表したデータによると、住宅やオフィ スビル、ショッピングモールなどの不動産物件への投資は上期、前年同 期比16.6%増の3兆1000億元。昨年上期の同33%増から伸びが鈍化し た。新規不動産建設の面積は7.1%減の9億2380万平方メートルとなっ た。

みずほセキュリティーズアジアの不動産アナリスト、アラン・ジン 氏(香港在勤)は、「市場は持ち直しつつある」ものの、「不動産開発 業者は総じて、投資と土地取得にかなり慎重なままだ」と述べた。

上期に販売された住宅の総面積は3億5350万平方メートルと、前年 同期比11.2%減少。オフィスビルや小売りスペースを含む不動産販売額 は、前年同期比5.2%減の2兆3300億元となった。

国家統計局の盛来運報道官はこの日の会見で、「不動産の過熱抑制 策が、今年の中国経済の伸びを鈍化させた重要な要素であることをわれ われは認識すべきだ」と発言。その上で、「抑制策は持続可能で健全な 中国経済を促進するため、これを緩めるべきではない」と述べた。

原題:China June Home Sales Rise 41% After Interest Rates Cut (1)(抜粋)

--取材協力:Penny Peng.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE