米ウェルズ・ファーゴ、住宅ローン調査めぐり当局に支払いへ

住宅ローンの提供で米最大手のウェ ルズ・ファーゴは12日、独立系ブローカーがまとめる住宅ローン契約向 けの資金提供を取りやめると発表した。同社はこの日、融資慣行を調査 していた連邦当局と和解した。

サンフランシスコに本社を置くウェルズの資料によれば、同社は同 社の大口販売経路内で独立系ブローカーが扱う住宅ローン契約の新たな 申請を受理しないことを決めた。

ウェルズは同日、住宅ローンの提供でマイノリティーの借り手を差 別していると主張する連邦当局と和解するため1億2500万ドル(約99億 円)を支払うことで合意した。ウェルズは資料の中で、大口販売経路で のブローカーとの取引中止は同社自らが決めたことだと説明した。

業界誌インサイド・モーゲージ・ファイナンスによれば、ウェルズ は1-3月(第1四半期)にブローカーを通じ74億ドルの住宅ローンを 提供。これは業界内で最も多く、業界全体の21%に相当するという。

原題:Wells Fargo to Exit Wholesale Channel After Fair-Lending Accord(抜粋)

--取材協力:Jody Shenn.