米スカイウエスト:三菱航空機への発注は保有機更新の第一歩

米航空会社スカイウエストのマイ ケル・クラウプ最高財務責任者(CFO)は11日、小型ジェット旅客機 「MRJ」100機の発注で三菱航空機と基本合意したことについて、保 有機数百機の更新計画の第一歩にすぎないとし、来年にもさらなる発注 を行う可能性があることを明らかにした。発注先は未定。

クラウプCFOは、同日発表した三菱航空機との基本合意が来月に も最終合意に達する可能性があると話した。

スカイウエストはカナダの航空機メーカー、ボンバルディアの小型 ジェット旅客機を最も多く運航している企業。現在はボンバルディア 機427機を含む718機を保有しているが、リース契約の期限切れに伴い、 向こう10-12年でその大半を更新する方針だ。クラウプCFOは、将来 的ニーズに合致する航空機の検討のため、ボンバルディアと三菱航空 機、ブラジルのエンブラエルの3社とそれぞれ交渉を行っていると述べ た。

同CFOは11日遅くの電話取材で、「三菱航空機への発注は、保有 機の更新戦略全体にとっては、全くの最初の部分にすぎない」と発言。 「ボンバルディアとの間で新規発注の交渉を続けてきており、それは変 わらない。ボンバルディアが魅力的な条件を提示できるかどうかを当社 は待つだけだ」と話した。

同CFOはまた、新規の航空機購入は「1年足らずとは言わないま でも、向こう1年以内に十分あり得る」と述べた。

原題:SkyWest Starts Fleet Renewal Program With Mitsubishi Order (1)(抜粋)

--取材協力:Tim Catts.