米ヤフー:45万人のユーザー名とパスワード流出-不正侵入で

インターネットのポータルサイトを 運営する米ヤフーは12日、同社サイトへの不正侵入によって45万人のユ ーザーの名前とパスワードの情報が流出したことを明らかにした。漏れ たのはヤフーに加え、マイクロソフトのホットメールやAOLなど他の インターネットサービスのアカウント情報が含まれる。

ヤフーが12日に電子メールで配布した資料によると、同社やその他 サービスのアカウントのログイン認証情報が含まれたファイルが11日に ヤフーのサイトから盗まれた。

ヤフーは資料で、「われわれはセキュリティー問題を極めて真剣に 受け止め、当社の全商品でユーザーとデータの安全性を確実にするため の防御措置に大きく投資している」と説明。「今回のデータ漏出につな がった脆弱(ぜいじゃく)性を修正し、影響を受けたユーザーのパスワ ード変更、ユーザーアカウントが侵害された恐れのある企業への通知な ど迅速に行動を取っている。影響を受けた全てのユーザーにおわびす る」とした。

同社の広報担当、ケイト・ウェッソン氏によると、全世界のヤフー 電子メールのアクティブユーザーは2億9800万人。今回の情報流出の影 響を受けたのは全体の1%未満となる。

ロイター通信は先に、ハッカー集団「D33DS」がヤフーのサー バーから取得したと主張する45万件のユーザーアカウントとパスワード をインターネット上に掲載したと伝えていた。

原題:Yahoo Says Breach Exposed 450,000 User Names and Passwords (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE