米輸入物価指数:6月は08年12月以来最大の低下

6月の米輸入物価指数は市場予想を 上回る低下となった。

米労働省が発表した6月の輸入物価指数は前月比2.7%低下で、低 下率は2008年12月以来で最大。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミスト予想の中央値は1.8%低下だった。前月は1.2%低下(速報値 は1%低下)に修正された。6月は燃料を除いたベースでは0.3%低下 と、ほぼ2年ぶりの大幅なマイナスとなった。

石油は前月比で11%低下と、マイナス幅は08年12月以来で最大。前 年比でも11%低下した。

クレディ・スイスのエコノミスト、ジョナサン・バジーレ氏(ニュ ーヨーク在勤)は「世界的な需要を見ると、成長が減速しつつあること が分かる」とし、「物価は抑えられている。米金融当局がインフレを懸 念する必要はない」と続けた。

食品・飲料は前月比で1%低下。自動車は0.1%低下。自動車を除 く消費財も0.1%低下した。資本財は0.2%低下で、昨年10月以来の大幅 なマイナス。

6月の輸入物価指数は前年同月比では2.6%低下と、09年10月以来 で最大のマイナス。市場予想は1.5%低下だった。

燃料を除いたベースでは、輸入物価指数は前年比で0.6%上昇し た。

覧ください。

原題:Import Prices in U.S. Fell in June by Most Since 2008 (2) (抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE