アイルランド1-3月GDP、前期比1.1%減-輸入増と支出減で

アイルランド経済は1-3月(第1 四半期)に予想以上に縮小した。輸入の急増と個人消費の落ち込みが響 いた。

アイルランド中央統計局が12日発表した同四半期の国内総生産 (GDP)は、前期比1.1%減となった。ブルームバーグがまとめたエ コノミスト調査の中央値では0.4%減が見込まれていた。昨年10-12月 (第4四半期)は0.7%増に改定。速報値では0.2%減だった。

2011年成長率は1.4%と、先に報じられていた0.7%から上方修正さ れた。ヌーナン財務相は4月、今年の成長率について0.7%との予想を 示した。

メリオン・キャピタルのエコノミスト、アラン・マッケード氏(ダ ブリン在勤)は「1-3月期GDPは政府が掲げた成長目標を達成でき ることを示唆しているが、世界経済の減速が来年の見通しに悪影響を及 ぼす公算が大きいことから、2013年については気掛かりだ」と語った。

原題:Ireland’s Economy Shrinks in First Quarter as Spending Falls(抜粋)

--取材協力:Finbarr Flynn.