中国株(終了):続伸、低バリュエーションが買い材料

中国株式相場は続伸。企業収益の伸 びが鈍化しつつあることが懸念されたものの、3カ月ぶりの低水準近く にあるバリュエーション(株価評価)が買い材料となった。

石炭メーカーの中国神華能源(601088 CH)が3.3%高、同業の中国 中煤能源(601898 CH)は4.7%上昇し、エネルギー関連株の上げをけん 引した。セメントメーカーの唐山冀東水泥(000401 CH)は1週間ぶり の高値に上昇。親会社による出資比率引き上げが好感された。中国東方 航空(600115 CH)も高い。

中国最大の海運会社傘下のCOSCOシッピング(中遠航 運、600428 CH)は1%安。1-6月(上期)の減益見通しが嫌気され た。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比10.11ポイント(0.5%)高の2185.49で終了。一 時は1%安まで下げていた。ブルームバーグが集計したデータによる と、同指数の株価収益率(PER、予想収益ベース)は9.7倍で、3 月29日以来の低水準近くにある。

上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比1%高 の2449.18で引けた。

中原証券の李俊ストラテジスト(上海在勤)は「バリュエーション は既に相当低い」と述べた上で、「企業収益は芳しくないが、利益見通 しの引き下げ余地はさほど大きくない。当局が近く景気支援策を打ち出 すとの期待も広がっている。相場は既に短期的に底入れした」との見方 を示した。

原題:China’s Stocks Rise on Valuations; Shenhua, China Coal Advance(抜粋)

--取材協力:Belinda Cao、Weiyi Lim.