住友商事:豪の石炭権益を335億円で取得、炭鉱運営で初の主導案件

住友商事は12日、豪資源会社のアク イラ・リソーシズから石炭鉱山の権益を同日付で取得したと発表した。 クイーンズランド州東部のアイザック・プレーンズ鉱山の権益50%で取 得額は4億3000万豪ドル(約335億円)。住商が石炭事業で主体的に炭 鉱運営に関わる初めての案件となる。

同炭鉱は2006年から操業を開始しており、年間生産能力は280万ト ン。残り50%の権益をブラジルのヴァーレが保有している。今回の出資 により住商の年間持ち分権益生産量は鉄鋼用原料炭で100万トン、発電 用一般炭で40万トンそれぞれ増える。2013年3月期連結業績には数億円 の利益寄与を見込む。