トヨタ社長:円高厳しいが、為替に左右されない体制目指す

トヨタ自動車の豊田章男社長は12 日、仙台市内で記者団に対して東北地方で小型車を生産し海外に輸出す ることに関連して、「円高は厳しいが、為替に左右されない体制をつく りたい」と述べた。

豊田社長は、仙台市で開かれたトヨタ自動車東日本(宮城県大衡 村)発足披露パーティーに出席した。

トヨタ自動車東日本は国内第3の拠点として、関東自動車工業、セ ントラル自動車、トヨタ自動車東北の3社が統合して7月1日に発足。 コンパクト車の生産拠点となる。

トヨタ社長は、「今後小型車は新興国を中心とした世界市場の牽引 役になる」との見方を示した。

トヨタ東日本の白根武史社長は小型車の開発から生産まで手掛ける 「小型車のグローバルセンター」の役割を担っていくと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE