ばら積み船スクラップ価格、過去1年に13%下落-供給過剰で

ばら積み船のスクラップ価格が過去 1年間に13%下落している。供給過剰に加え、用船レートが採算の取れ ない水準となったため船主企業は過去最高のペースで船舶の解体を進め ている。

世界最大の船舶ブローカー、クラークソンのデータによると、ばら 積み船のスクラップ価格は1トン当たり約425ドルと、前年同期の490ド ルから下落。1-6月(上期)の売却量は前年同期比25%増の1620万ト ンだった。

燃料価格が過去2年間で34%高騰したため解体処理される船舶が増 加している。老朽化した船舶は新造船と比較して燃料を多く消費する傾 向がある。クラークソンの売買スペシャリスト、ダレン・レッパー氏 (ロンドン在勤)は「船主企業は解体以外に選択肢がない状態だ。明ら かに買い手市場になっているようだ」と指摘した。

原題:Ship-Scrapping Prices Fall as Glut Spurs Buyers’ Market: Freight(抜粋)

--取材協力:Alaric Nightingale.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE