アジア開銀:新興アジアの12年成長率見通しを下方修正

アジア開発銀行(ADB)は12日、 アジア経済は今年、従来予想を下回る成長にとどまるとの見通しを示し た。欧州債務危機が中国やインドの成長にマイナスの影響を及ぼすと説 明している。

ADBの黒田東彦総裁はバンコクで記者団に対し、日本を除くアジ ア諸国の今年の成長率見通しを6.6%と、4月時点での予想6.9%から下 方修正したと説明。2013年についても7.1%と、従来の7.3%を下回る成 長を予想しているという。

同総裁は、インド経済は今年6.5%(従来予想7%)成長、中国 は8.2%(同8.5%)成長が見込まれると語った。また、原油相場の下落 がアジア地域のインフレリスクを緩和していると分析。中国は財政出動 の余地があるとも指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE