日本政府、米国産小麦の輸入拡大-割高なカナダ産から移行

日本政府はパン用小麦の米国からの 輸入を増やしている。食品メーカーにとって原材料コストの価格への転 嫁が困難な状況にある中、割高なカナダ産の代替として米国産の需要が 増えているためだ。日本はアジア2位の小麦輸入国。

日本政府は先月、米国産硬質赤冬小麦の輸入を前年同月比で26%増 やし7万7140トンとする一方、カナダ産赤春小麦の輸入を8%減らし た。農林水産省の農産部貿易業務課の岩濱洋海・課長によると、デフレ の中、日本の食品メーカーは小売業者から値下げを迫られており、カナ ダ産より17%割安な米国産の購入を増やしている。

シカゴの小麦先物相場は11日に1年2カ月ぶりの高値に達し、年初 来では26%高騰。食料価格上昇の可能性が高まっている。ロシアや米国 などの輸出国では干ばつによる生産への影響が懸念されている。小麦の 輸入と国内販売を管理する日本政府は、10月に国内の小麦価格を引き上 げる可能性がある。

原題:U.S. Wheat Imports by Japan Grow as Demand Shifts From Canada(抜粋)

--取材協力:.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE