FRB15年まで低金利維持か、量的緩和期待薄-ドイツ銀証券

ドイツ銀行証券のマネジングディレ クターで北米部門の金利担当責任者を務めるトム・ハートネット氏は、 米連邦準備制度理事会(FRB)が、2015年まで政策金利をゼロ近辺に 維持するとの見通しを示した。FRBが1月に発表した時間軸よりも1 年長い。

ハートネット氏は10日のインタビューで、ドイツ銀証券の見解とし て、FRBは住宅価格や株価を注視している可能性が高く、証券購入に よる追加の量的緩和を実施する公算は小さいとの見方を示した。

同氏は「われわれが本当に注目しているのは、家計のバランスシー トにとって重要な2つの資産のことだ。それは住宅価格と株式相場だ」 と指摘した。

全米不動産業者協会(NAR)が先週発表した5月の中古住宅販売 成約指数(季節調整後)は、前月比5.9%上昇。米商務省が先月25日に 発表した5月の新築一戸建て住宅販売は2カ月ぶり高水準となった。 S&P500種株価指数は、配当の再投資分を含む年初来のリターンがプ ラス7.8%となっている。

ハートネット氏は「量的緩和のハードルはかなり高い。株価が現在 ぐらいの水準にとどまり、経済が何とか進んでいけば、FRBが動くケ ースを予想するのは難しい」と述べた。

原題:Fed May Extend Pledge to 2015, Deutsche Bank’s Hartnett Says(抜粋)