世界PC出荷台数:4-6月期は8750万台-ガートナー

世界の4-6月(第2四半期)のパ ソコン(PC)出荷台数は7四半期連続で伸び悩んだ。欧州の景気低迷 やタブレット端末人気でPC需要が減退したことが背景にある。米調査 会社ガートナーが11日発表した。

発表資料によると、第2四半期のPC出荷台数は前年同期比0.1% 減の8750万台。メーカー別ではヒューレット・パッカード(HP)が首 位を維持。2位はレノボ・グループ(聯想集団)、3位はエイサー(宏 碁)、4位はデルだった。別の業界調査会社IDCも出荷が0.1%減少 したと発表した。

ガートナーは、まだら模様の米景気回復や欧州の消費鈍化、アップ ルの「iPad(アイパッド)」などタブレット端末の普及がPC需要 不振の原因だと分析した。

ガートナーの主席アナリスト、北川美佳子氏はさまざまな地域で経 済に不透明感がある上、消費者のPC購入への関心の低さもPC出荷の 伸び悩みに重要な影響を及ぼした要因だとの見方を示した。

同社によると、こうした傾向が米国市場での実績に反映されてお り、米国の第2四半期出荷台数は5.7%減少し1590万台にとどまった。

原題:PC Shipments Stalled in Second Quarter, Gartner Reports (1)(抜粋)

--取材協力:Ian King.