シカゴ小麦:昨年4月以来の高値-農務省が生産予想引き下げ

米シカゴ市場では、小麦先物相場が 一時、昨年4月以来の高値を付けた。干ばつがロシアの小麦生産に影響 したとして米農務省が世界の小麦生産見通しを引き下げたことが材料視 された。

米農務省は11日公表した月次報告書で、今年6月1日からの1年間 の世界の小麦生産見通しを6億6530万トンとし、6月時点の予想から 1%下方修正した。ロシアの生産見通しは7.5%引き下げ4900万トンと した。

シカゴ商品取引所(CBOT)の小麦先物9月限は、前日比0.6% 高の1ブッシェル当たり8.2625ドル。一時は昨年4月27日以来の高値で ある8.485ドルを付けた。ロシアとウクライナの一部の干ばつにより、 5月末から28%上げている。

原題:Wheat Touches Highest Since April 2011 as USDA Cuts Crop Outlook(抜粋)

--取材協力:Alan Bjerga.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE