東芝、友達、LGが和解へ、米国の価格カルテル訴訟-弁護士

台湾の友達光電、韓国のLGディス プレー、東芝は、液晶パネル関連製品の価格カルテルを結んだとして購 入者らが損害賠償を求めていた米国での訴訟で、5億4350万ドル (約430億円)を支払うことで和解した。3社を提訴した消費者側の弁 護士が明らかにした。

原告側のジョセフ・アリオト弁護士は和解金について、価格カルテ ルによって製品を過剰に高い価格で購入させられた消費者に支払われる と説明した。同弁護士によると、3社は8州にも2750万ドルの民事制裁 金を支払うことになり、和解金総額は5億7100万ドルに達する。同弁護 士は各社の具体的な支払額については明らかにしなかった。

アリオト氏は11日の電話インタビューで、「それは3社が合意し、 われわれが合意したことだ」と述べた。12日にサンフランシスコの連邦 地裁に和解承認を求めるという。

他のパネルメーカーが先に合意した和解金(5億3850万ドル)はこ の日、同連邦地裁で承認された。それを合わせると、和解金は総額10億 ドル超となり、価格カルテルをめぐる集団訴訟としては過去最高だと、 アリオト氏は指摘した。

友達光電の広報担当フレダ・リー氏に対し、和解について電子メー ルでコメントを求めたが、今のところ返答はない。LGの広報担当ジョ ン・テイラー氏にもコメントを求めるメッセージを電話に残したが、返 答はない。