NY金:続落、FOMC議事録で追加措置が示唆されず

ニューヨーク金先物相場は続落。米 連邦公開市場委員会(FOMC)議事録は追加緩和を示唆しなかった。

米連邦準備制度理事会(FRB)が公表したFOMC議事録による と、政策当局者は追加緩和を講じた場合のリスクについて検討した。一 部のメンバーは、米国債を過剰に購入すれば、ある時点で米国債市場の 機能悪化につながり、政策の意図する効果が限定される可能性があると 指摘した。数人の当局者は追加刺激が恐らく必要になると主張した。

ペンション・パートナーズの主任投資ストラテジスト、マイケル・ ゲイド氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「紙幣増刷はま だ再開されていないため、短期的には金を保有する理由がない」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.3%安の1オンス=1575.70ドルで終了した。通常取引終 了後の電子取引で一段安となり、午後2時53分現在では0.5%安 の1572.50ドルで推移している。

原題:Gold Drops for Second Day as Fed Refrains From Stimulus Signals(抜粋)