ムーディーズの格付けに市場は無関心、株価下落の可能性も

米ムーディーズの株価が下落する可 能性があると、BTIGのアナリスト、マーク・パーマー氏は指摘し た。市場が格下げに関心を示さなくなり、債券発行体から支払われる格 付け手数料の減少が考えられるためだという。

ムーディーズが世界中の銀行を格下げする中、デンマークのニクレ ディトと同国最大手ダンスケ銀行のモーゲージ部門はムーディーズとの 契約を解除した。この決定後も両社の社債の買いは続いている。他の債 券発行体もこれを受けて、ムーディーズに手数料を払わなくても良いと 考え始める可能性があるとパーマー氏は指摘する。

同氏は11日付のリポートで、「デンマークの銀行がムーディーズと の契約を解除したことは、単独の出来事とはならないだろう。むしろ不 満に思う発行企業が格付け会社との関係を打ち切る傾向につながる可能 性がある」と述べ、こうした状況が続けば追随が増えるとの見方を示し た。

同氏はムーディーズ株を売り銘柄に指定。株価が28ドルまで下落す る可能性を指摘した。ニューヨーク時間午前11時現在の株価(36.94ド ル)を24%下回る。

原題:Dump Moody’s as Credibility of Ratings Crumbles, BTIG Says (1)(抜粋)