【書評】元ゴールドマン・バンカー、中国「商品十字軍」を警告

買い物かごに何を入れたかを見れ ば、その人が分かる。ダンビサ・モヨ氏によれば、国も同じだ。国が購 入するものの内容はその国が何を必要とし、何を欲しがっているかを描 き出す。

中国の近年の買い物はペルーの山中に眠る何トンもの銅、20年分の ロシア産原油、アフリカと南米の肥沃な土地などだ。

これほどあからさまな征服のパターンはない。中国は「商品十字 軍」を旗揚げし、金属から食糧までさまざまな商品を買いあさるように なったと、モヨ氏は新著「Winner Take All(仮訳:勝者が全てを手に 入れる)」で指摘する。著名投資家のジム・ロジャーズ氏が必読と絶賛 する一冊だ。

この長い嘆きの書で驚くべきは、食糧やエネルギー、水を中国がせ っせと囲い込んでいることではない。それよりも、他の国がこれら物資 が不足することをさほど心配せず、特に行動していないことの方が不可 解だ。人口急増と富の拡大が今、地球の資源に未曾有の圧力をかけてい るというのに。

「中国は狙いを定め、実行力と先見性をもって、運命の瞬間に向け て着々と準備を進めている」と、元ゴールドマン・サックス・グループ のバンカーのモヨ氏は論じる。「一方、世界の他の国・地域で的を絞っ た協調した取り組みがなければ、何億という人間が飢饉(ききん)や紛 争、あるいはもっとひどい運命に見舞われるだろう」という。

ザンビア生まれでオックスフォード大学の博士号とハーバード大学 の修士号を持つモヨ氏にはほかに、「デッド・エイド」(邦題:援助じ ゃアフリカは発展しない)や「ハウ・ザ・ウェスト・ワズ・ロスト」の 著書がある。

人口100億人

「Winner Take All」は「人口論」のトマス・マルサスと同じ視点 に立つ。マルサスは1798年に著した同書で、人口は食糧よりも速いペー スで増えると論じた。それがもたらす結果は戦争であり飢饉であり疫病 だ。人類は今までのところマルサスの描く大変動を免れているが、モヨ 氏が著書の巻頭で紹介する世界の需要と供給に関するデータはこの恐怖 が去らないことを示す。

同書によれば、世界の人口は2050年までに100億人に達する可能性 があり、増加は富が最も速いペースで拡大する地域に集中する。ベルギ ー人のようにリッチな食事をし、ドイツ人のように速い車を運転し、米 国人のようにどんどん買い物をする人が世界中で増える。地球はこのた めの食糧や水、エネルギー、その他の商品を生み続けられるだろうか。

ロジャーズ氏絶賛

著者は統計や図表を使って供給に限りがあることを示す。需要につ いては中国の都市化の流れや同国政府が国民の生活水準を引き上げる必 要性を指摘。中国がアフリカや南米諸国のインフラ整備プロジェクトに 資源確保だけでなく、雇用創出、友好関係構築をうまく結び付けている ことを紹介。一方で、中国が商品の独占的な買い手になるリスクにも言 及する。

ジョージ・ソロス氏とともにクオンタム・ファンドを創設したジ ム・ロジャーズ氏は、「今日の世界の現実を理解するために必読の一冊 だ」とし「米欧は目を覚ますのが遅すぎて未来に備えられないのではな いかと心配だ」と言う。

賛辞はやや誇張だが警告は本物だ。(ジェームズ・プレスリー)

(プレスリー氏はブルームバーグ・ニュースの書評家です。この書 評の内容は同氏自身の見解です)

原題:Goldmanite Moyo Foresees War as China Locks in Resources: Books(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE