香港株(終了):ハンセン指数が反発-中国の投資拡大を期待

香港株式市場では、ハンセン指数が 4営業日ぶりに反発した。中国の温家宝首相がインフラ投資の拡大を呼 び掛けたことで、鉄道や通信関連銘柄が押し上げられた。

鉄道建設の中国中鉄(390 HK)が業界株の上昇をけん引した。中国 の固定電話最大手、チャイナ・テレコム(中国電信、728 HK)は1.8% 上げた。

香港の不動産開発最大手、サンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基 地産発展、16 HK)は3.6%上昇し、不動産銘柄の上げを主導。同社の投 資判断をJPモルガン・チェースが引き上げたことが好感された。港湾 建設会社の中国交通建設(1800 HK)やセメントメーカーの安徽海螺水 泥(914 HK)も買われた。

風力タービン部品メーカーの中国高速伝導設備集団(658 HK)は下 落した。

ハンセン指数は前日比23.51ポイント(0.1%)高の19419.87で終 了。一時は0.8%安となった。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.1% 安の9373.34で引けた。下落率は一時1.3%まで拡大した。

原題:Hong Kong Stocks Snap Three-Day Loss Streak on China Investment(抜粋)