米GM、「シボレー」ブランドで返金保証制度などの販促開始

米自動車大手ゼネラル・モーターズ (GM)は、モデルイヤーが終了する車種の一掃を目指して、2012年型 「シボレー」ブランドの乗用車とピックアップトラックについて値引き 交渉なしの価格を採用するとともに、同ブランドの新車に返金保証を付 けると発表した。米国での販売が回復しているトヨタ自動車に対する巻 き返しを狙う。

GMの広報担当ジム・ケイン氏によれば、今回の販売促進策は参加 ディーラー店で10日から9月4日まで実施される。GMの10日の発表資 料によると、12年型と13年型のシボレー全車種が60日間の返金保証の対 象となる。また、値引き交渉なしの価格は、12年型の車種について現在 のインセンティブ(販売奨励策)に加えて「可能な範囲内で最善の価 格」を保証するものだという。

米オートモーティブ・コンサルティング・グループのデニス・ビラ グ社長はこうした販促の「効果はごくわずか」と指摘する。同社長は10 日の電話インタビューで、「シボレー車を購入する人もいるだろうが、 多くの新規購入者を引き付けることはできないだろう」と述べた。

昨年は在庫不足に見舞われたトヨタ自動車の米自動車販売が回復 し、「シボレー」ブランドに吹く逆風は強まっている。そのため、GM は同ブランドの販売増に力を注いでいる。調査会社オートデータによる と、GMの最大ブランドであるシボレーの今年1-6月(上期)販売台 数は6.3%増の96万1662台で、伸び率は業界全体の15%を下回った。ト ヨタの「トヨタ」ブランドの販売台数は29%増の93万7964台だった。

原題:GM Offers No-Haggle Prices as Chevrolet Growth Lags Industry (3)(抜粋)

--取材協力:Craig Trudell.