米国務長官:ベトナムの成長持続には法の支配の強化など必要

クリントン米国務長官は訪問先のベ トナムで、同国が経済成長持続を確実なものにするためには人権や自 由、法の支配に関する姿勢を改善する必要があると指摘した。

同長官はベトナムのミン外相との共同記者会見で、「ベトナムがよ り革新的かつ企業家精神に富んだ経済への発展・移行を継続するなら、 自由な意見交換の余地を拡大し、法の支配を強化すると共に、労働組合 結成の自由などすべての労働者の普遍的な権利を尊重しなくてはならな い」と述べた。

同長官の今回のベトナム訪問は両国の経済関係強化が狙い。両国の 年間貿易額は国交正常化を果たした1995年当時の「実質ゼロ」から、現 在は220億ドル(約1兆7500億円)余りに拡大している。このほか南シ ナ海をめぐる緊張の高まりなども議題に上った。

原題:Clinton Says Vietnam Economy Requires Improved Rule of Law (1)(抜粋)

--取材協力:Diep Ngoc Pham.