米サンバーナーディノ市、破産法適用申請へ-加州で破綻続く

米カリフォルニア州のサンバーナー ディノ市議会が破産法の適用申請を決め、同州内での自治体の財政破綻 がここ2週間で3件目となった。同市は税収の減少と職員関連コストの 増加、公共事業の負担に苦しんでいる。

サンバーナーディノ市議会は賛成4、反対2、棄権1で米連邦破産 法9条の適用申請を可決。アンドレア・トラビスミラー暫定市政代行官 によれば、申請準備には1カ月を要する可能性がある。

ロサンゼルスの東にある人口20万9000人の同市は今年度、4500万ド ル(約36億円)の財政赤字に直面している。6月26日にウェブサイトに 掲載した財務分析で明らかにしていた。

カリフォルニア州ではサンフランシスコの東にある人口29万2000人 のストックトン市が6月28日に破産法の適用を申請。同市は米国で破産 法を適用した市としては最大規模。山岳部にある人口8200人のリゾート 地、マンモスレークスは7月3日に資産保全を申請している。

原題:San Bernardino, California, Votes to File Chapter 9 Bankruptcy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE