小沢氏:新党「国民の生活が第一」を結成、衆参49人-反増税・脱原発

消費増税関連法案に反対して民主党 に離党届を提出し、除籍された小沢一郎氏らが11日、新党「国民の生活 が第一」を結成した。代表に就任した小沢氏は新党設立総会で、消費増 税法案を撤回させるべく行動するなどと語り、野田佳彦政権と対決して いく姿勢を示した。

小沢氏はまた、原発を過渡的エネルギーと位置付け、脱原発の方向 を鮮明にする、スケジュール感を持ったデフレからの脱却を目指す経済 対策を打ち出すなどの方針も明らかにした。新党への参加者は衆院37 人、参院12人の計49人となった。

政治評論家の森田実氏は、小沢氏らの今後の動向について「小沢新 党だけで政局の主導権を取るのは極めて困難だが、民主党の第2次分 裂、第3次分裂が起こった場合はそれらと連携して力を増す可能性を持 っている。起きなければ困難な道を歩み、選挙で打撃を受けるだろう」 と指摘。小沢氏は「野田内閣に対する国民の批判を高めて民主党の第2 次分裂を促すために全力を尽くすしかないだろう」と語った。

小沢氏らは10日現在で、衆院37人、参院12人で構成する院内会派 「国民の生活が第一」として国会内で活動している。同氏は衆院で「新 党きづな」(9人)との統一会派を近く結成する考えも示している。

衆院の連立与党会派は民主党・無所属クラブ250人、国民新党・無 所属会4人の計254人。衆院は定数が480議席だが、欠員2人と通常は議 決に加わらない横路孝弘議長を除く残り477人の過半数は239人となる。