米民主党、富裕層への増税で強硬策-「財政の崖」検討を準備

米国の議会民主党は、富裕層に対す る増税を求めるオバマ大統領の方針に野党共和党が応じるよう強硬策を 打ち出した。

民主党によれば、同党は共和党が富裕層の増税に反対を続ける場合 に備え、年末に強制的な歳出削減やブッシュ前政権の減税措置失効が重 なるいわゆる「財政の崖」を検証する準備をしている。

オバマ大統領は9日、カーニー大統領報道官を通じこうしたアプロ ーチを示した。同報道官は大統領が富裕層向け減税措置の延長法案の署 名を拒否するだろうと表明。2年前は富豪と中所得者層向けの減税を分 けなかった民主党だが、共和党との対立の中心はあくまで富豪に対する 優遇税制継続であることを浮き彫りにする戦略の一環だという。税制と 歳出で不本意な取引に応じるより、合意しない方がましだとしている。

マリー・ランドリュー上院議員(民主、ルイジアナ州)は、「共和 党は分別なく新たな税収について議論することを一切拒否しているが、 そうであれば合意が成立することはないだろう」と述べた。

下院予算委員会の民主党トップ、クリス・バンホーレン議員(メリ ーランド州)はインタビューで、税収をめぐる合意がなければ協議 は2013年にずれ込むことになると指摘した上で、「そうなればそれは共 和党の選択ということになる。共和党が富豪でない米国民の99%の税負 担を軽減することができるか、あるいは年越し後に民主党がそうするか ということだ」と語った。

原題:Democrats Risk Fiscal Cliff by Targeting Top Earners’ Break (1)(抜粋)

--取材協力:Margaret Talev、Richard Rubin.