米株式市場からの撤退を国家開発銀が支援-中国企業の株安で

国の競争力を高める役割を担う中国 国家開発銀行が、10億ドル(約790億円)余りを投じ中小企業の米株式 市場からの撤退を支援している。

ナスダックに上場しているワイヤ製造の傅氏科普威は先月、上場廃 止に向けた自社株の買い戻しができるよう中国最大の政策銀行である国 家開発銀から資金提供を受けたと発表。技術情報(IT)企業の北大千 方科学技術(チャイナ・トランスインフォ・テクノロジー)は今月8 日、国家開発銀の資金で米国での上場を取りやめる方針であることを明 らかにした。

新興市場に特化しているロス・キャピタル・パートナーズによれ ば、国家開発銀は中国企業が世界最大規模の米株式市場から撤退するこ とができるよう他のどの銀行より多額の資金を提供している。中国企 業60社余りが2011年までの3年間に米株式市場に上場したが、こうした 企業の時価総額が大きく減少したことから今年の上場は1社にとどまっ ている。

カナダのトロントに上場していた中国の造林会社サイノフォレスト について、投資家のカーソン・ブロック氏率いるマディー・ウォーター ズが資産を水増しして報告していると昨年6月に指摘したことから中国 企業の会計とコポーレートガバナンス(企業統治)の基準をめぐり懸念 が広がり、海外株式市場での中国株の急落が始まった。

中国で投資家向けにデューデリジェンス(資産査定)を手掛ける DACファイナンシャル・マネジメント・チャイナ(香港)のフィル・ グローブズ社長は、「こうした中国企業にある種の烙印が押されてしま った。それほど大きくない中国企業は実質的に米国の上場制度の中で孤 立している」と指摘した。

米株式市場での株価下落で中国の中小企業が上場する取引所を香港 などに変更することを検討する中、1994年に設立された国家開発銀はド ル融資を通じ資金を提供している。

原題:Muddy Waters Stigma Means China Spends $1 Billion on U.S. Exit(抜粋)

--取材協力:Julia Leite.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE