中国首相、投資拡大を促す-新たな景気対策につながるか

中国の温家宝首相は、投資拡大を促 すことが今の国内経済の成長安定化の鍵だとの認識を示した。6四半期 連続の成長率低下が見込まれる中国だが、当局が支出を拡大しこれに対 応する可能性を示唆している。

温首相は政府のウェブサイトに10日掲載された声明で、経済成長の 安定化は中国にとって喫緊の課題であるばかりでなく、長期的で「困 難」な仕事だと言明、「成長安定化の政策には消費拡大と輸出の多様化 が含まれるが、今は投資の妥当な伸びを促すことが重要だ」と指摘し た。

欧州債務危機が中国の輸出を減らし、温首相による長期にわたる不 動産投機対策が内需を抑制していることから、中国の成長は鈍化してい る。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の中央値に よれば、4-6月(第2四半期)の中国経済成長率は7.7%に低下した もよう。

クレディ・アグリコルCIBの香港在勤シニアエコノミスト兼スト ラテジスト、ダリウス・コワルツィク氏は温首相のコメントについて、 「景気持ち直し重視の政策を浮き彫りにし、財政面での新たな対策につ ながる可能性がある」と指摘した。

9、10両日開催されたエコノミストや企業幹部との会合の内容を要 約した10日の声明で、温首相は経済・社会の発展と国民の生活向上の基 盤をつくるため中国は一定水準の経済成長を維持する必要があると説明 した。

原題:Wen Says Boosting Investment Now Key to Stabilizing China Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE