EFSFが60億ユーロ調達-シンジケート団での過去最大の起債

欧州連合(EU)の暫定的な救済基 金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)は、シンジケート団 による起債で60億ユーロ(約5800億円)を調達したと発表した。シンジ ケート団を通じた起債額は同基金にとって過去最大規模。

発表によると、5年債の発行利回りは、指標となるミッドスワップ レートに50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上乗せした水準 となった。ブルームバーグのデータによると、3月に起債した2017年償 還債(表面利率2%)の利回り上乗せ幅(スプレッド)は38bp。

今回の起債はEFSFにとって今年8回目。スペインの10年債価格 は5営業日ぶりに上昇、利回りは7%未満に下がった。ユーロ圏首脳が 同国の銀行向けの早期融資で合意したことが好感された。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏 (ロンドン在勤)は「夏季を前に勇気付けられるサインだ。スペインに 関する基本合意を受け、供給が多い時期にEFSFにとっては順調な滑 り出しだ」と述べた。

原題:EFSF Raises 6 Billion Euros From Largest Syndicated Bond Sale(抜粋)

--取材協力:Mehreen Khan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE