シティ:新設ファンドに自己資金投ぜず-ボルカールール意識

米銀シティグループは新設するヘッ ジファンド1本向けに資金を集めているが、同ファンドに自己資金を投 じる方針はない。同行がリスクを共有しない場合でも、投資家に出資意 欲があるかどうかを試すことになる。計画について説明を受けた関係者 2人が明らかにした。

シティは同ファンド向けに外部投資家から5000万-7500万ドル (約40億-60億円)を集める意向だ。シティがこの情報を公開していな いことを理由に、関係者の1人が匿名で話した。ブルームバーグが入手 したマーケティング資料によれば、同ヘッジファンドはいわゆるローン 担保証券(CLO)を取引する。

シティのビクラム・パンディット最高経営責任者(CEO)は銀行 の自己勘定取引を規制する「ボルカールール」の施行に備えた取り組み を進めている。

元米連邦準備制度理事会(FRB)エコノミストで現在はジョー ジ・メーソン大学教授のジェラルド・ハンウェック氏は、「ボルカー氏 が達成ようとしていることをできる限り順守しようとする試みだ」と指 摘。「協力することによる悪影響はまったくない」と述べた。

このヘッジファンドは、シティのベンチャーキャピタル(VC)や プライベートエクイティ(PE)、ヘッジファンドを含むシティ・キャ ピタル・アドバイザーズ(CCA)部門の一角になる。事情に詳しい関 係者が先月に語ったところによれば、CCAの運用資産はシティの自己 資金約50億ドルを含めて、約186億ドル。

原題:Citigroup Said to Keep Money Out of Internal Fund Amid Volcker(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE