スペインの銀行、救済基金の債券受け取りでECB資金利用へ

スペインのデギンドス経済・競争力 相は同国の銀行が欧州救済基金の債券を受け取ることで、欧州中央銀行 (ECB)から資金供給を受けられるとの見通しを示した。

デギンドス経済相は10日、ブリュッセルでの欧州財務相会合後に記 者団に対し、スペインの銀行再建基金(FROB)がユーロ圏の暫定基 金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)発行の債券を銀行に 支給し、銀行は「流動性が必要になれば、ECBを通じてこれを資金に 換えられる」と語った。

最大1000億ユーロ(約9兆7400億円)相当のスペイン銀行支援の合 意の一環として、銀行から資産を「適正」価格で買い取る組織が一つな いし複数設立されることも明らかにした。こうした組織が発行する債券 はECBで適格担保として受け入れられるという。

ECBの報道官はコメントを控えた。

スペインの銀行向け支援では、まず300億ユーロが今月末にも提供 される。支援の条件には業界全体で自己資本比率9%の義務付けが含ま れるが、大半の銀行が既にこれを満たしていると、デギンドス経済相は 説明した。残る詳細は7月20日に署名される覚書の中で確定されるとい う。

原題:Spain Says European Rescue for Banks Opens Door to ECB Funds (1)(抜粋)

--取材協力:Gabi Thesing.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE