5月の米求人数:約20万件増、解雇者は2カ月連続増加

米労働省が10日発表した5月の求人 件数は前月から増加した。

労働省の発表によると、5月の求人件数は364万2000件と、前月か ら19万5000件増加したが、前月の29万4000件減を埋められなかった。こ の結果、2009年6月を谷とする今回の景気拡大局面では、3月に記録し た374万1000件がこれまでの最高。

5月に雇用された労働者は全体で14万8000人増の436万1000人。臨 時雇用の人材派遣や、医療関連を含む専門職および民間サービス業で雇 用増が目立った。全体の雇用は3、4月と2カ月連続で減少していた。

一方、定年退職や自己都合による退職を除いた解雇者の総数は5月 に188万5000人と、前月の174万3000人から増加した。これで解雇者数は 2カ月連続増。定年や自己都合の退職者を含む全体の離職者数は434 万9000人で、前月に比べ20万7000人増加した。

原題:Job Openings in U.S. Climbed in May as Hiring Accelerated (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE