仏中銀総裁:オランド大統領は企業競争力強化に向け行動を

フランス銀行(中銀)のノワイエ総 裁は同国のオランド大統領に対し、 労働市場の改革や賃金コスト抑制 などを通じて国内の「深刻な」景気低迷に対応する行動を起こすよう促 した。

ノワイエ氏は大統領に宛てた年次書簡で、「フランスは過去20-30 年の間、深刻な景気低迷に陥るのを看過してきた。このため徐々に欧州 や世界における経済的地位が低下してきた」と指摘。「競争力に十分な 注意を払わなかった結果、フランスは生産・輸出能力を次第に失い、失 業率が高まることとなった」と記述した。

同国の労働組合と企業はパリで10日、向こう5年間の経済政策のた たき台とすることを目指し協議を持つが、ノワイエ氏の書簡は議論に一 石を投じる狙いがある。エアバスの親会社、EADSで最高経営責任者 (CEO)を務めたルイス・ガロワ氏をはじめとする企業幹部は、労働 コストを削減し「競争力ショックを生み出す必要がある」とオランド大 統領に呼び掛けた。

原題:Noyer Warns Hollande of France’s ‘Serious’ Economic Weakness(抜粋)