ノボトニー氏:ECB介入拡大に否定的、条約無視は致命的に

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は10日、ユーロ圏の各国 中銀の間には通貨統合を取り決めた条約が尊重されるべきだとの意見の 一致があると語った。オーストリア通信(APA)が報じた。

APAのブリュッセルからの報道によると、ノボトニー総裁は ECBによる介入を拡大する可能性についての質問に対し、「条約の根 幹を無視すれば致命的だろう」と答えた。

総裁はまた、欧州連合(EU)の政策がドイツに受け入れられる内 容であることが重要だとも指摘。「ドイツ国民がユーロとのつながりを もはや感じられなくなる」状況になれば、マイナスだと述べたという。

原題:ECB’s Nowotny Says Would Be ‘Fatal’ for ECB to Violate EU Rules(抜粋)