欧州債:スペイン10年債上昇、利回り7%下回る-銀行支援策で

10日の欧州債市場ではスペイン10年 債相場が5営業日ぶりに上昇し、利回りは7%を下回った。ユーロ圏各 国がスペインの銀行向け救済融資の迅速な実施で合意したことが手掛か り。

スペイン向け措置で債務危機波及を食い止められるとの観測が広が り、イタリア国債も上昇した。ユーロ圏財務相会合(ユーログループ) は月内に300億ユーロをスペインに融資することで合意した。ドイツ2 年債利回りは3営業日連続でマイナスとなった。オランダはこの日、25 億5000万ユーロ相当の3年債を過去最低の利回りで発行。ギリシャも6 カ月物証券の入札を実施した。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、ピーター・チ ャットウェル氏は「スペインとイタリアの国債が若干買われた」と述べ た。ユーロ圏の会合から「多少悪い材料が出てくると見込まれていた。 ショート(売り持ち)ポジションを多少解消する動きもあった」と続け た。

ロンドン時間午後4時29分現在、スペイン10年債利回りは前日比24 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の6.82%。同国債(表 面利率5.85%、2022年1月償還)価格は1.58上げ93.31。イタリア10年 債利回りは15bp低下し5.96%。

ユーログループはスペインが財政赤字を国内総生産(GDP)比率 で3%未満に縮小する期限を1年先送りして2014年とすることを支持。 同国向け融資の残存期間は平均12.5年で、最長15年となる見通し。救済 基金から銀行への直接資本注入を可能にすることで政府の負担を増やさ ない方針。

ドイツ2年債利回りはゼロ。一時はマイナス0.016%と、6日に付 けた過去最低のマイナス0.018%に近づいた。10年債利回りはほぼ変わ らずの1.32%。6月1日には1.127%まで下げ、これまでの最低を記録 した。

英国債

英10年債利回りは一時、1週間で最大の上げとなった。英政府統計 局(ONS)が10日発表した5月の製造業生産指数は前月比1.2%上昇 し、エコノミスト予想(0.1%低下)に反して上昇したことが手掛か り。

10年債利回りは1.59%でほぼ変わらず。一時は1.61%に達した。同 国債(表面利率4%、2022年3月償還)価格は0.04下げ121.54。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS)が まとめた指数によると、英国債の年初来リターンはプラス3.1%。これ に対しドイツ国債はプラス3.6%、スペイン国債はマイナス6.5%となっ ている。

原題:Spanish 10-Year Yields Fall Below 7% as Leaders Speed Up Bailout(抜粋) Pound Rises to 3 1/2-Year High Versus Euro on Manufacturing Gain (抜粋)

--取材協力:Roxana Zega、Emma Ross-Thomas、Tj Marta.